×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ed/ed治療/edの治療薬について


EDとは
EDとは、勃起傷害または勃起不全のことです。
つまり、男性において、セックスを行う際に、十分な勃起を維持できないがために、性交を行うことができない状態をあらわします。
Erectile Dysfunctionの頭文字をとって、EDという略した用語になっています。
完全に勃起しない状態だけがEDなのではありません。
EDには重度のものから軽症までさまざまです。
勃起機能が少しでも低下しているようなら、EDの可能性があります。
EDになる原因としては、器質的ED、症候性ED、心因性EDの3つに分けることが出来ます。
<スポンサードリンク>


器質的EDとは陰茎、ペニスといった器官に直接的な原因がある場合を指します。
症候性EDとは糖尿病などの原因により腎臓などに疾患がみられる場合を指します。
心因性EDとはうつ病やストレスなどの精神的な疾患から引き起こされるものを指します。
EDの原因がこの3つのどれにあてはまっているのかがはっきりしないと、適切な治療ができませんので、まずは、内科、外科どちらかに原因がないか、調べてもらう必要があります。
内科、外科ともに問題がない状態がはっきりした後、残された可能性として心因性EDかどうか、心療内科で見立ててもらいましょう。
EDは、以前はインポテンス(性的不能)という言葉で表現されていましたが、差別的な意味合いが含まれていることから、国際的にも、日本国内においても、インポテンツからEDという用語に切り替わりつつあります。
病気においては、その状態を定義する言葉はとても重要です。
EDは勃起障害という、病気ではありますが、決して特別なものではなく、男性なら誰でもなりうる病気といえます。
ですから、今は、問題がなくとも、決して他人事とは考えず、しっかりと対策、予防法を知っておくことが大切です。
またEDはセックスに関連することから、女性は直接的には関係なくとも、パートナーという意味において大変重要な位置を占めているといえます。
前述のとおり、EDは心因的なストレスからも起こりえます。
不十分な知識からパートナーにEDがみられたとき、無神経な言葉を投げかけてしまうことがないよう、気をつけたいところです。


ed治療
ED(勃起障害)の治療には、経験豊かな医師の見立てが絶対必要といっていいでしょう。
EDには、それが起こる原因によって、心因性ED、器質的ED、症候性EDと3つに分けることができ、そのどれかによって治療法はまったく変わってきますので、一番最初の診察こそが最も大事なポイントとなってくるのです。
いくら評判がいい薬だろうと、最初の見立てが間違っていたら何にもなりません。
EDは悩みとしてはとても深いものなのに、治療を受けることへの恥ずかしさと、実生活を送る上では特に問題なく行えてしまうことから、その問題を放置しがちです。
ですが、最近は、男性スタッフ中心のED専門クリニックも増えてきました。
地元の病院ですと人目もありますから、どこかのターミナル駅の近くなどが利便性としてはいいでしょう。
老いから若きにわたって、幅広い年代の男性におこりうるEDですが、一般的には、30代前半までは心因性EDが多く、40代から60代の中高年になると、喫煙やお酒の飲みすぎ、肥満などといった生活習慣に関連する形で器質性、症候性EDの割合が増えてきます。
メタボリックシンドロームが話題になっていますが、EDも同じく、生活習慣病によるさまざまな要因からなることが多いことが研究の結果、判明してきたこともあり、EDは血管病とすらいわれています。
EDの内服薬はとても効果が高く、服用してすぐに、若かったころ、元気絶頂だった時を取り戻したかのようで、もう治ったとばかりに調子に乗ってしまいがちです。
ですが、現在、まだEDの完全な根治治療の方法は確立していません。
あくまで、薬は症状を軽くするもの、体の機能が回復するのを補助するためのものであるのです。
前述のとおり、EDはさまざまな要因がからまりあって起こる生活習慣病の一側面的な顔をもっています。
EDの内服薬の手助けを借りつつ、自力でも、生活習慣を見直していくことが、EDの治療においては大切です。


edの治療薬
EDの治療薬としては、ファイザー社のバイアグラと、バイエル薬品のレビトラの二種類があり、医師の診察を受け、処方されるのはこのどちらかとなります。
ED治療薬のメカニズムは、いったいどのようなものなのでしょうか。
まず勃起は、陰茎の海綿体に大量の血液が流入することによって起こります。
この状態は、cGMP(サイクリックGMP)という細胞内セカンドメッセンジャーが増加することで、海綿体が弛緩し、陰茎の血管が拡大されるといった流れになります。
そして、この勃起状態は、PDE-5という酵素によってcGMPが分解されると終了します。
ED治療薬であるバイアグラとレビトラは、このcGMPの濃度を維持することと、PDE5の働きを抑えることで、勃起すること、勃起し続けることを助ける効果があるのです。
ですので、ED治療薬を飲んだだけで、ムラムラしたり、勃起するということにはなりません。
目や耳といった器官から性的刺激が脳の性中枢を刺激してはじめて、cGMPが分泌され、そのcGMPの働きを手助けするのがED治療薬なわけです。
ED治療薬を服用するにあたって、特に注意したいことは心疾患をもっている場合です。
バイアグラ、レビトラなどは、陰茎の血管を拡大するのが主な働きですが、全身の血管もいくぶん、拡大されます。
ですので、他の服用薬との相互作用により、かなりの血圧降下が起こる可能性があるのです。
バイアグラ、レビトラともに、併用禁忌とされる薬品のリストが公開されてはいますが、素人の生判断よりプロの医師の判断に任せましょう。
また、自分は心疾患でないと思っていても、自覚症状がないだけということもあります。
ED治療薬は保険が適用されないので、高価ではありますが、自分の命にかかわることですから、インターネットの個人輸入などというどこにも保障がない手段を利用するのは避けたいところです。

ED

  • ed
  • ed治療
  • ed 治療 薬

人に訊けない病気4

  • ワキガ
  • ED

アンチエイジング

  • アンチエイジングとは
  • アンチエイジング医学

高血圧

  • 高血圧(生活習慣病)
  • 高血圧(生活の中での予防)
  • 高血圧(食事の中での予防)

低血圧

  • 低血圧とは
  • 低血圧と貧血は違う
  • 低血圧の人の日常生活で気をつけること

杜仲茶のパワー

  • 脂肪減少
  • 血圧

杜仲茶のパワー2

  • ダイエット
  • 冷え性
  • 腎臓・心臓・肝臓

杜仲茶のパワー3

  • 自律神経失調症
  • 鎮痛
  • 二日酔い



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

美容関係

 杜仲茶

 薄毛

 抜け毛

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


健康関係

 基礎体温表

 ヒーリング

 ビオチン

 ヨガ

 歯周病

 歯槽膿漏

 ED

 過活動膀胱

 多汗症

 頭痛

 特定疾患

 特定保健指導

 人に聞けない悩み

 人に聞けない病気

 尿(おしっこ)

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


金融関係

 FX

 FX取引業者

 くりっく365

 医療保険

 楽天


住宅・不動産関係

 東京インテリア家具

 住宅・不動産

 賃貸住宅


就職・転職関係

 アルバイト

 就職活動


旅行関係

 人気温泉

 日帰り旅行

 アシアナ航空

 クルーズ

 赤ちゃん連れ旅行


料理・食べ物関係

 おせち料理と黒豆

 お菓子


ファッション関係

 ヒートテックとハラキャミ


娯楽・趣味関係

 音楽配信サービス

 ディズニープリンセス

 フェリシモ

 ブリザードフラワー

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


ブランド関係

 コンバース

 ブランドキーケース

 人気ファッションブランド


生活支援関係

 個人再生

 ローソンパス

 プレミアム商品

 ママ友

 お受験

 ランドセル

 消臭

 駅とその周辺

 二段ベッドとロフトベッド

 入園・通園


結婚関係

 結婚あれこれ

インターネット関係

 ライムワイヤー


福祉関係

 地域包括支援センター


家電関係

 デザイン家電


行事関係

 クリスマス

 運動会

 新入学

 年賀状